2006年04月10日

Cha Cha Cha/Finzi Contini

俺の食生活は一人暮らしの男ならではで、
朝昼兼用にパンかじって、夜は定食屋というパターンが多い。
で、その定食屋では他人の生活が色々垣間見えてなかなか面白いというかなんというか…。

まず、どう見ても妻子持ちなお父さんが意外に多い。
それも一人で入ってきて比較的安いセットを注文しがち。
こんなところじゃなくて家で食いなよ…。
というのも、自分の実家ではよほどの事がない限り、
朝晩は家族4人そろって食卓を囲むことになってたんで、どうも違和感ありまくりでね〜。
東京辺りじゃ旦那の帰りを待てない奥さんが多すぎるのか、
家庭料理に意義を認められない旦那が多いのか、よくわからんけど。

あと、若くて身なりやルックスもそこそこなカップルが多いのも気になるな。
(俺自身は6年くらい利用してないけど)吉野家や松屋にすら
若い女が結構入ってるのを見かけるにつけ、これも時代の流れなのか、
今の女が無恥になっただけなのか…と思わずにいられない訳で。
いや、これも昔語りだが、大学生〜社会人なり立ての頃は、
牛丼屋でメシ食う女はほとんどいなかったし、
そんなことするのは「女」を捨てることと同義だったもんでねー。

また、どんなにステディになろうと、デート時の晩飯を牛丼屋や定食屋で
済まそうとする男なんてのはゴミ扱い。デリカシーのかけらもない田舎者と、
大いに見下されていたもんだからさ。
あの頃高飛車なこと言ってた女どもは、今この状況をどう見てるのか、
ちょっと聞いてみたいもんだよ。

そうそう、牛丼屋といえば俺的に忘れがたいエピソードが1つ。
今から7〜8年前の話で、初夏の日曜夜8時過ぎ、アキバ帰りの俺が
都内千代田区の松屋で並定+卵をかっ込んでた時のこと。
カウンター席しかない狭い店内は他に男が3人程で、比較的空いている状況。
そこに現れたのが、表通りに停めた軽自動車(ワゴンRだったかなー)から降りてきた
30代前半と思しき夫婦と幼稚園児2名(男女)の親子連れ。
牛丼並を2個頼んで、うち1個を子供2人に分け与えつつもう1個は夫婦でシェア。
いやー、見かけで判断するのもなんだけど、いかにも貧しそうな身なりなのもあいまって、
すげー物悲しい雰囲気だったね。
無論サービスの紅しょうがを山盛りに取ってたし、子供との会話には
「今日の晩御飯は肉だぞ。ご馳走だろ?」みたいな台詞も出てきたし。
これほどネタみたいな事実を目の前で見せ付けられたことは、
後にも先にもないな。
俺が子供の時分には、日曜の晩飯を家族そろっての外食(2ヶ月に1回くらい)で、
といえば、豪華な食事のことを指していたんだがのぉ。
とにかくその光景には、時と所変われば「たまの外食」なんていう
ありがたみはないんだなー、としみじみ感じさせられたよ。

ワンクリックでランキング投票できますワンクリックPlease!

タイトルチューンはこれで聞けるよ!
B00005UJOZユーロ’80s~ユーロビート’80’sコレクション
オムニバス

ビクターエンタテインメント 2002-01-23
売り上げランキング : 5,562

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by Balthasar at 20:41| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | My Opinion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16392936
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

一人暮らし情報館へようこそ。
Excerpt: 一人暮らしをしている人、したい人、これからする人のための総合情報です。
Weblog: 一人暮らし情報館
Tracked: 2006-04-11 00:16
テクノラティプロフィール
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。