2006年08月09日

Kokomo/The Beach Boys

巡洋艦桟橋前回に引き続き今度は米巡洋艦のご紹介。
え?完成っすか?塗装設備がないので
まだ数年はありえないかとw

写真手前から

・CL-53 サンディエゴ(マッチボックス)
アトランタ級防空軽巡の1艦。
ドラゴンからプレミアムエディションが出た今、
あえてこれを作ろうとするところが漢かも(笑)
もう各部ブルワークが石壁みたいに分厚くて笑っちゃうよ。
小パーツもどろどろだしね。あーでも船体形状はドラゴン版(元はピット)より
正確なんじゃないかと思う。
特に実艦でとても目立つガンネルの丸みが再現されているのがステキ♪
武装その他を他からトレードすれば、結構いい感じになるかもよ?

・CL-8 デトロイト1945(コルセア・アーマダ)
日本の5500トン級軽巡のライバル的存在のオマハ級軽巡ですな。
なぜかキットは1945年仕様なので、終戦時に東京湾集結の1艦として作るのがよいかと
(オマハ級はこのデトロイトだけが参加)。
いわゆるコルセア・アーマダスタンダードな出来で、必要十分な繊細さがいい感じ。
ただし型が限界なのか、各部に抜きテーパーが出てきてるので、
垂直水平出しにはちょいと気をつけたいところ。

・CL-46 フェニックス(コルセア・アーマダ)
最上型に対抗して作られたブルックリン級軽巡ね。
中央両舷に並んだ単装高角砲の並びが、いかにも戦前型巡洋艦。
ちなみにフェニックスは戦後アルゼンチンに売られ、
フォークランド紛争でイギリス原潜に沈められた、という
なんとも長寿かつ数奇な運命の持ち主でもあるのだよ。
キットの仕様は1942頃で、姉妹艦ホノルルとのコンパチ。
まず6インチ砲の砲塔の出来がかなりいいね。
ピットのクリーブランド級についているやつより繊細でかっちょいいぞ。
こいつも初版から10年以上経ってるせいか、型の傷みが激しいみたい。
俺のキットでは、入り組んだ上部構造物パーツの隙間にシリコンが詰まってたもん(^_^;
そうそう、2個買ってあるんで、もう一つは改良型のセントルイス級ヘレナにする予定。
前後砲塔間の構造物で使えるのは煙突だけかも、ってくらい形状が異なるんで、
ほぼセミスクラッチになる気がするが…ま、気にしないでおこう。

・CA-30 ヒューストン 1942(コルセア・アーマダ)
ノーザンプトン級の後期竣工艦で、艦首〜中部の一段高くなった部分
(何て呼称だっけ)が少し長くなっているのが前期艦と違う所。
このキットのディテールは、同社の他のものよりさらに1ランク上で、
米艦特有のリングタイプのフェアリーダーまでもが再現されてる!
つーか、注意しないと砕いちゃいそうだ(^_^;
仕様としては1942年のバタビア沖海戦時(最終時ね)の他、
僚艦シカゴの同時期も作れるよう、差別化できるパーツがついてるんだな、これが。

・CA-29 シカゴ 1943(コルセア・アーマダ)
これもノーザンプトン級。1943年に日本軍の航空攻撃で沈んでいるけど、
キットはそのときの状態を再現している模様。
艦橋が改装されてシンプルになってるし、船体の舷窓埋められているからね。
ヒューストンよりもちょいとディテールは甘めなもののまぁ平均点ですな。

・CA-34 アストリア 1942(コンブリック)
ニューオリンズ級の実質的な1番艦。
第一次ソロモン海戦で姉妹2隻と枕並べて討ち死にしちゃっったねぇ。
コンブリックのレジンキットは無茶なほどあちこち薄く作ってあることが多く、
こいつもその例に漏れず、とにかくパーツの扱いには神経使うね。
艦中央両舷の高角砲ブルワークとか別パーツにするなよ!と言いたい(-_-;
そして各部形状の把握は…ちょっと疑問が残るかも。煙突が薄っぺらいとことかさ。

・CA-38 サンフランシスコ 1942(NIKOモデル)
とかく日本軍にやられがちなニューオリンズ級。
こいつも第三次ソロモン海戦で瀕死の重傷を負っているよ。
で、キットはポーランドの新星、NIKOモデルがお届けするスーパーファインなモデル。
今回紹介したキット群の中でも、図抜けて細かいディテール表現に目を奪われるね。
ブルワーク下のサポートをほぼ全て再現してるし、甲板・兵装・構造物の
微妙な突起や継ぎ目などがバリと間違えそうなくらい繊細なのよ。
いやもう、モノも見ずに通販で買ってみて正解だったな。
エッチングもついてるし、結構安いんでお得だね〜。
艦尾あたりがちょいともっさりしたラインのような気もするけど、
それを補って余りある出来っすよ♪


ワンクリックでランキング投票できます読んで良かったと思うなら押してね

タイトルチューンはこれで聞けるよ!
B00026WV4ASights and Sounds of Summer
The Beach Boys
Capitol 2004-06-15

by G-Tools

posted by Balthasar at 20:35| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 艦船 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
米巡洋艦とかないので
米で米巡洋艦と、大きい米巡洋艦などを設備しなかったの?
Posted by BlogPetのクレンザー2世 at 2006年08月11日 13:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22144128
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
テクノラティプロフィール
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。