2006年08月15日

Don't Let Me Down/The Beatles

電通と博報堂が相乗りってだけで胡散臭さ炸裂の映画「ゲド戦記」について、
案の定、原作者のアーシュラ・K・ル=グウィンさんが大層おかんむりっすよ。
コメントによると、この映画化はアニメ嫌いの作者の意向で一度ぽしゃったものの、
後にトトロを見て宮崎ファンになった作者から、
改めて申し出たという経緯があるようだな。
小説の映像化は必ずしも原作に忠実に行われるとは限らない、
というのはわかってるみたいで、それでもなお、宮崎駿だったら任せるに値する、
とかなり期待していたのに、あんなことになっちゃったんだもん。
そりゃ超がっかりだろうね。
「駿が一線を退いたというから、不安に思いつつも仕方なく息子にやらせてみたらこのザマ、
しかも駿は引退してないで別な作品作ってるって話じゃない!?勘弁してよorz」
ってなこともいいたくなるわな。
無神経なのか天然なのか、息子の方も本人に「映画どうでした?」なんて聞いててるし。
「貴方のオリジナル作品ですね。いい映画ですよ」って皮肉は通じたのかな(笑)

まぁずっと前からジブリ作品は、電波で独りよがりなテーマの押し付けアニメに堕し、
見るに耐えないものばかりになっているからどうでもいいんだけどさ〜。
作家からのリスペクトを踏みにじって、金儲けに利用する行為は
見ていて本当に吐き気がするもんで。
つい一くさり書いてきたくなったわけ☆


ワンクリックでランキング投票できます読んで良かったと思ったらポチっとね

タイトルチューンはこれで聞けるよ!
B00005GL101967〜1970
The Beatles
東芝EMI 1998-03-11

by G-Tools

posted by Balthasar at 20:08| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Entertainment | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
テクノラティプロフィール
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。