2005年07月05日

DENTAKU/KRAFTWERK

最近聞きまくり、かつオススメなCDについて。

MINIMUM-MAXIMUM

今年発売されたクラフトワークのLIVE盤っす。
いやー、もう俺などが下手に語るより買って聞いてもらったほうが早いよ。
2004年のツアーを2枚組みにたっぷり22曲収め、たったの\1,800!
彼らのLIVE音源がこれだけまとまってCD化されたのって実はほぼ初なんだよね。
音質は当然問題ないし、選曲もベスト盤そのもの。

数年前のステージと違ってこれ見よがしのハードもなくなり、
演奏というよりソフト上のシーケンスの
コントロール作業になってしまってはいるんだけど、
(25年前の「Computer World TOUR」では、
ライブ映像見る限りではテープに依存しつつも
結構シンセ弾いていたよ。 特にラルフはね)
それはそれで21世紀のクラフトワークのあり方としては正しいと思ってます。

しかし音色は今風に置き換えられてても、
リズムの根本や反復の多い曲構成などは昔から変わっていないなぁ。
ラルフの素で下手なボーカル含め(笑)
それでいて今のダンスモノの全てを含んでいるってんだから、
やっぱ彼らはすごいとしか言いようがないね。

う、結局語ってしまったあせあせ(飛び散る汗)

ワンクリックでランキング投票できますワンクリックでランキング投票できます
posted by Balthasar at 00:11| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
テクノラティプロフィール
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。