2004年09月10日

everybody goes〜秩序のない世界にドロップキック〜/Mr.Children

以前運営していたWebサイトに、こんなポリシーを掲げていました。
何となくまた表明したくなったので、手直しして載せまーす!
-------------------------------------------------------
僕はCD-DA規格から外れた、音の出るポリカーボネート製円盤でしかない
CCCD(CopyControledCD)の不買運動を(個人的に)行っています。
※くそにーの採用している「ゲートレーベルCD」も仲間です。
この円盤規格は、アーチストにとっては望まぬ音質悪化を余儀なくされ、
音楽データに故意にエラー信号を混ぜるという原理上、
通常の音楽CDより読み込みにくくなっています。
そのため再生装置に負荷がかかって故障を招きやすくなる、
音飛びが激しいなど、消費者にとっても不利益しか生じません。
ちなみに規格から外れているため、この円盤にはCompactDiscのロゴがついていません
というかつけてはいけない商品なのです。姿形は音楽CDに似ていても別物。
これをさも音楽CDと同じように見せかけて、レコード会社は堂々と売っています。
そして再生できなかったり機器が故障しても、
レコード会社は一切責任取りませんと言い切っているんですから、
欠陥商品といわずして何と言えます?
極端に言えば音楽CDみたいな形をした紙くずを売って、
それをCDプレーヤーに入れて音が出たらラッキーだね、
出なかったり故障したら、そりゃCDじゃないもの入れた
アンタ(=消費者)が悪いんだよ、
俺たち(レコード会社)は注意書きつけてるんだから、
文句は一切聞きませんよ、と開き直っているわけです。

レコード会社のエゴと怠慢のために
かかる欠陥商品を押し付けられるのには我慢がならないため、
とうとう不買に至ったというわけで。
そして商売上手な毛唐の会社にそそのかされ、
問題の多いプロテクトを安易に導入している日本のレコード会社
(間接的に支援しているJASRACも同罪)には
ほとほと愛想が尽きました。
だもんでUS輸入盤(近年のEU番はP付が多いので要注意)を買うよう心がけています。
邦楽?殆ど最近のゴミのような楽曲は聴きませんから問題ないですね♪

日本の音楽業界は斜陽産業です。自分たちの営業努力が足りないのを棚に上げ、
CDが売れないのはコピーするやつがいるからだ、
っていうかお前らみんなコピーするんだろどうせ、と
責任転嫁しちゃってます。考え方甘いんですよね。
消費者は全員悪者だという前提だから、こんな劣悪なプロテクトをかける行為に走るわけですよ。

で、僕が輸入盤しか買わないと言ったせいかどうか知りませんが(関係ないだろうw)、
今度は連中(中心はあべっくすの元会長)、輸入権問題をぶち上げ、
すったもんだしたのは記憶に新しいところでしょう。
安くてプロテクトもなく音のいい洋盤なんか輸入させるもんか、
俺たち日本のレコード会社が同じタイトルをゴミみたいな解説とプロテクトをつけて、
3割増しの価格で売ってやってるんだから、それをありがたく買いやがれ!というのが目的ですぜ。
いやー、アーチストから音楽ビジネスに関わる各方面の方々の
懸命な反対運動にもかかわらず、この件は国会で法律化されちまいました。
なぁレコ会社さんよ、そのごり押しのパワーを、いいアーチストの育成なんかに使ってくれない?
っていうか本当に音楽が好きな人間いぢめるのは勘弁してYo!

-------------------------------------------------------
取りあえず今も考えは変わってないっす。

読んで何か感じたら押してねワンクリックでランキング投票できます

タイトルチューンはこれで聞けるよ!
Mr.Children 1992-1995Mr.Children 1992-1995
Mr.Children

トイズファクトリー 2001-07-11
売り上げランキング : 133
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by Balthasar at 20:32| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですねー。
だいたい、
「コピコンにする→コピーできない→借りて済ませずに買うしかない→購買率UP」
はちょっとずれてると思うのですよ。
実際の所は、
「コピコンにされた→パソコン(自分の使い良い音楽ソフト)で聞けない、持ち歩けない?、どころかCDプレイヤーでの再生の保障もあやしい→気になってた曲(アーティスト)だけどなんかなあ・・・→いーらね」
となるような。
どんなにプロテクトかけようが、コピーする人はします。いくらでも出回ります。
それを恐れて、知識や状況に恵まれていない、または限度を超えたコピーなどそもそもする気もない消費者をも敵に回すのはいかがなものかと思いますね。
Posted by シロン at 2004年09月11日 01:12
おお、またしてもシロンさんではないですか。
よく見ていただいていて嬉しい限りです。
で、仰るとおり、プロテクトかけても負のスパイラルにしかなってないんです、実際。
CDプレーヤーでかかるかどうかもわからないものに
¥3000も出す物好きはそうそういませんから。
TSUTAYAをはじめとするレンタル店には新譜を1年は出さない、
みたいな対策を採っていれば、まだましだったとは思いますね。
ま、ケータイやらDVDなど、ほかの娯楽に負けない魅力的な価格・内容にして
真っ向勝負して売り上げを出すってのが一番いいんですが。
商売の基本には戻れないみたいです、音楽業界は長年バブル体質に漬かっていたのでw
Posted by prophet-5 at 2004年09月11日 02:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
テクノラティプロフィール
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。