2004年09月16日

Moral/BOØWY

日刊ゲンダイより。
神話が崩れた宇多田ヒカル
タブロイド紙ならではの言いっ放しニュースですな。
取りあえずどんな事象も悲観的にとらえ、こき下ろしとけ!
ってスタンスの記事はもはや職人技w
まぁゴシップ紙は庶民の妬み嫉みを代弁して、
一時的に溜飲下げさせるのが使命、といわれているので
話半分以下で読んでおけばいいのですが。

僕個人は宇多田はそんなに好きじゃないな。
音楽的にはマスプロなR&Bで新鮮味は感じず、
歌詞がどうにも幼くて、共感出来なかったもので。
それなりに才能はあるとは認めるけどね。
いい悪いでなく趣味に合わないのです。
あ、ゲンダイの記事で引き合いに出されている浜崎あゆみは、
整形ルックス・勘違いキャラ・薄っぺらな音楽性全てにおいて、
生理的に受け付けないな。
レコード会社の売り方もさすがエイベックス、
濫造乱売で目も当てられない状況だったし。

読んで何か感じたら押してねワンクリックでランキング投票できます

タイトルチューンはこれで聞けるよ!
MORALMORAL
BOOWY

ビクターエンタテインメント 2004-09-22
売り上げランキング : 102,921
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by Balthasar at 14:42| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これって逆に取ると、全米デビューして売れなかった時のバックネット様記事って感じもしません?「日本でも売れなかったから、アメリカでセールスが伸びなくてもしょうがないよ〜」っていう事前の言い訳?

いくら宇多田でも、アジア系の小娘がアメリカのポップス界にセンセーションを巻き起こすっていうのは、想像しにくいシナリオですから・・・。応援はしてますけどね。
Posted by れな at 2004年09月16日 20:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
テクノラティプロフィール
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。