2006年06月29日

Shout to the Top!/The Style Council

最近は読むものといえば、洋書の軍艦の資料本以外は専らコミックスでねぇ。
ここしばらくで読んだものをざっと挙げると以下の通り。

ハヤテのごとく! 7 (7)ハヤテのごとく! 7 (7)
畑 健二郎

ハヤテのごとく! (6) ハヤテのごとく! (5) ハヤテのごとく! (4) ハヤテのごとく! (3) ハヤテのごとく! (2)

by G-Tools

ラブコメ。アニメ・ゲームを中心としたパロディネタが多くて、
その点でも結構楽しめるよ♪
でも連載前の読みきりで営利誘拐犯が「『ときメモファンド』で首が回らない」
と言った台詞にコナミがクレームつけてきたとか。
俺も仕事で付き合ったことがあるから何となく感じてたけど、
やっぱ了見の狭い会社だねぇ。


仮面のメイドガイ(3)仮面のメイドガイ(3)
赤衣 丸歩郎

仮面のメイドガイ2 仮面のメイドガイ(1)

by G-Tools

むくつけき戦国武者のような屈強な男がメイドとしてご主人たる女子高生にご奉仕する…
その設定だけで美味しすぎ(笑) 時に絵が乱れるのが難点かな。


よつばと! (5)よつばと! (5)
あずま きよひこ

よつばと! (4) よつばと!(3) よつばと! (2) よつばと! (1)

by G-Tools

俺は子供ならではのわがまま勝手気ままさがどうにも好きになれないけど、
ここまで天真爛漫さが徹底してると憎めないね。
ま、残念なことにリアルにこんなコはいないわけだが。


続きを読む
posted by Balthasar at 20:16| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

1999 Secret Object/聖飢魔II

入梅ってことで、色々とうっとおしい今日この頃。
東京の湿った空気なんて、吸い込むだけで骨まで腐らせそうな感じだから、
こんな時は部屋にこもって読書でも…ってコミックなんだけどねあせあせ(飛び散る汗)
で、今お勧めなのはコレ!
デトロイト・メタル・シティ 1 (1)デトロイト・メタル・シティ 1 (1)
若杉 公徳

白泉社 2006-05-29
売り上げランキング : 3

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


続きを読む
posted by Balthasar at 21:04| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

Smoke on the Water/Deep Purple

久方ぶりの更新は気まぐれなBlogデザイン変更のお知らせ…
だけじゃなんなので、先月半ばから今まで、なぜStopしてたかの理由を軽く報告。
・GW直前は仕事が追い込みで大変
・GW中は寝たり気まぐれで出かけたりと、それはそれで忙しい
・GW明けに仕事上の新規プロジェクトが山盛りにスタート
・気ままな浪費のため飯代にも事欠くようになり、気力減退
・ネタにしがちな支那や朝鮮は最早ワンパターンすぎて弄るのに飽きた(笑)
ってな具合だね。
金については、いろんな口座の端金まで全部下ろして、
今まで通りの好き勝手な生活を継続してみよう、と開き直ってすべて解決♪
一息つけるボーナス時期までもつことを祈るぜ!

で、話は変わって最近仕事で読んだ売れ線本について徒然なるままに。
涼宮ハルヒの憂鬱』シリーズ…アンチじゃないけど、どこが面白いのか誰か教えてくださいw
ひぐらしのなく頃に』…ゲームもやったがやっぱりどこが面白いのかわからん。特に文は稚拙。
ダ・ヴィンチ・コード』…読みにくいっていうか訳が下手なんだろう。
キリスト教系の話は個人的に理解に苦しむため読む辛さ倍増。
えんぴつで奥の細道』…これジャポニカ学習帳じゃん!ボロい商売だな〜。
ウェブ進化論』…ちょいと構成がくどいけど、まぁ今のITビジネスを頭の中で整理し直すにはいいね。
続きを読む
posted by Balthasar at 13:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

In a Big Country/BIG COUNTRY

今日のオススメの一冊
さよなら絶望先生 (1)さよなら絶望先生 (1)
久米田 康治


さよなら絶望先生 (2) さよなら絶望先生 (3)
by G-Tools


続きを読む
posted by Balthasar at 21:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月17日

Musique Non Stop/KRAFTWERK

刊行時に偶然店頭で見てえらく衝撃を受けた本があります。
20世紀最大の奇書「Finnegans Wake」(James Joyce著)の日本語訳版っすね。
(※原語版は丸ごとこちらで読めるよ)

パート1・23・4の上下巻になってて、
各々400ページ以上あって読むのに骨が折れそうだったのと、
お値段もけっこうするということで、金欠学生だった当時は見送ってしまってたわけ。
そうこうしているうちに勤め始めて日々に忙殺されているうちに、この本のことも
すっかり忘れてしまってたのだけど…。
10年の時を経て
posted by Balthasar at 23:54| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
テクノラティプロフィール
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。